FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『暑中見舞う。』

先週、遠方に住む友人から、
暑中見舞いが届きました。

ご当地フォルムカードで。

20120725126.jpg

こうした遊び心って、大好き!嬉しい!

なので、私もいそいそと郵便局へ出かけ、
広島のご当地フォルムカードを入手してきました。



お好み焼き。

暑中見舞いとして送るには、
相当暑苦しい~。笑

お好み焼きの他には、
牡蠣とレモンもあったんだけど、
う~ん・・・やっぱり、お好み焼きでしょ。

レモンの爽やかさより、
広島らしさを重視したら、
暑苦しい暑中見舞いになりました。

もしかして・・・私のハガキ、
「暑中見舞い」というより、
「暑中見舞う」になったかも・・・しれん?

見舞いって、
無事かどうかを尋ねること。

見舞うって、
有難くないものを相手に与えること。

私・・・パンチをお見舞いするように、
更なる暑苦しさをお見舞いしちゃったわ。あは。苦笑


スポンサーサイト

『香草焼き。』

スペアリブ、とうとう焼いてやりました。

オーブン料理に懲り始めてから、
ラム肉に次いで焼いてみたいと思っていたのが、
このスペアリブでした。

ふふ~ん♪



スパイスを5種類以上使っているので、
味は複雑かつパンチが効いてる感じ。

スペアリブの食べ応えと味のWパンチは、
ビールを殆ど飲まない私にも、
ビールが飲みたい!と思わせるものでした。

夫にも美味しかったみたい。

大人しいとっちゃん坊やタイプの夫が、
スペアリブに食らいつくさまに、
一瞬・・・肉食系男子を見ましたから。笑

ふふふ。
手前味噌ながら、上出来~。

さぁ、次はラム肉だ!


『ふんわり曲。』

shararaさんのブログで見かけた、
あのラッピング。

私の元に届いた・・・嬉しい。



「DaydreamBeliever」や「MyLife」など、
15曲が収められたインストゥルメンタル。

思わず首を左右に振って、
リズムをとってみたり。

何となく、
カラダが左右に揺れてみたり。

ふんわり心地の曲ばかり。

20120724124.jpg

勉強に行き詰まりを感じて、
苦しんでる私のために。

このCDを聴いて、癒されて・・・って。

shararaさん、ありがとう。

今、聴きながら、
カラダを左右に揺らしながら更新してるよ。←器用でしょ?笑


『どちら様です?』

先日、中学・高校の同級生4人で、
食事をする機会があったんです。

幹事をしてくれた友人以外の2人とは、
20数年ぶりの再会でした。



遅れて来た同級生のひとりが、
私を見るなり・・・あのぉ、どちら様です?と尋ねてきました。

幹事さんが「同級生が集まる」とだけ伝えたらしく、
私が来ることは知らなかったみたい。

だけど、どちら様って・・・そんな。笑

彼女とは中学の頃に同じクラスになったことがあり、
私が旧姓を名乗ると、

え~?!
分かる、分かる、分かる!
ごめん、ごめん、ごめん!
でも、え~?!

と、すごい驚きよう。
私ってば・・・そんなに変わったの?

大人っぽくなってるから、
全然分からなかったよぉ~!

って、それ・・・上手に変換してくれてるけど、
歳を取ってて、分からなかったってことじゃん?

と、大人の嫌~な勘繰りしてみました。笑

確かに中学生の子どもがいても、
おかしくないくらいの年齢を重ねたんだから、
学生の頃からクラスメイトという以外の付き合いは特になく、
さらに20年ぶりの同級生にとって、
誰だか分からないほど変化していても・・・当然かぁ~。

私から見て、20数年ぶりに会う同級生2人は、
世間で言うところの美魔女でした。働く美魔女。

残念なことに、
盛り付け修行中専業主婦とは、
華やかさも艶やかさも天地の差。

そりゃ、もう~やつ当たりに神さまへ、
恨み節のひとつも言いたくなるようなほど、
あからさまでしたよぉ。笑

でも、まぁ~いいのかな。
地味だって、カサカサしてたって。

だって、ほら、
人は人生で最良の選択をしながら生きてるハズだから。笑


『最良を選択。』

先日、NHKの「仕事学のすすめ」という番組を見ていたら、
小山薫堂さんが父親からの言葉として、
こんなことを話していました。

「人は知らず知らずのうちに、
人生で最良の選択をしながら生きている」

苦しい道のりも、
選択した最良に辿り着くための、
遠回りなのだ・・・と。

だから、薫堂さんは、
苦しんでる自分をも楽しむんだそうです。

私は人間が出来ていないんで、
苦しいことを楽しむ余裕はないんだけど、、

お料理が私にとっての、
逃げ場のひとつだということも分かったし、、

今の苦しさの向こう側に、
選択した最良があるなら・・・良いっかな。

それに、私、
苦しむことを楽しむ余裕はなくても、
苦しい場所で楽しいことを探す呑気さはあるみたい。笑

講座は勉強をするところで、
遊びに行く場所ではないことは、
重々承知なんですが・・・

友だちや仲間が沢山できました。

私の苦手な面接実習で励ましてくれる仲間、
自主練習に誘ってくれた友だち、
ランチやドライブの約束をしている友だち、
一緒にお酒を飲んだ友だち、飲む予定の仲間・・・などなど。

一度、私がお昼休憩に、
皆(いつも一緒にお弁当を食べてる6人組。)に何も言わないで、
用事に出かけたことがあったんです。

軽い気持ちでした。
皆、先にお弁当を食べてるだろうなぁ~って。

ところが、ところが。

皆のもとに戻ってみると、
いつも一緒に食事をしている時間に私がいないからと、
私を探してトイレやエレベーターホールまで見に行ってくれたり、
ケータイに電話してくれてたり・・・。

驚くやら、嬉しいやら、反省するやら。

たぶん・・・皆も私と同じように、
苦しいんだと思います。

苦しい場所で一緒に頑張ってるから、
仲間意識も強くなってるんじゃないかなぁ~って。

こうした仲間や友だちが出来たんだから、
苦しい道のりを歩いてる甲斐もあるってもんだ。

人は知らず知らずのうちに、
人生で最良の選択をしながら生きている。

ほんと、そうなのかも。と思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。